トップページ > 製品紹介

製品紹介

プレフィルドシリンジ製剤

プレフィルドシリンジ製剤とは

 従来のアンプルやバイアルのように、使用の際に薬液を注射器に吸い上げる方式ではなく、あらかじめ薬剤がシリンジの中に充填されたキット製剤を『プレフィルドシリンジ』といいます。

 プレフィルドシリンジ製剤は、これまでの投与に当たっての薬剤調合操作を必要とせず、作業効率が高く、簡便な操作で無菌薬剤をご使用いただくことができます。

 当社では、最新鋭の製造設備と厳格な製造管理および品質管理と医療現場の声による継続的な製品改良により、常に最高品質の製品作りを目指しています。

ヘパリン生食液    プレフィルドシリンジ製剤

プレフィルドシリンジ製剤のメリット

プレフィルドシリンジを用いることにより、一般の注射筒を用いた場合に比べ、下記のメリットが考えられます。

1. 薬剤汚染を防止
薬液を注射筒に移し変える必要がなく、細菌汚染や異物混入の可能性を低減出来ます。
2. 誤投薬を防止
シリンジに薬剤名が記載されている為、薬剤を取り間違える可能性が低くなります。
3. 充填操作が不要
薬液がシリンジに充填されている為、開封後即時使用することが出来ます。
4. 識別性の向上
注射剤の適正使用に貢献できます。
5. 調製作業を簡略化
薬剤調整などに用いる器材(溶解液注入針、注射器など)の軽減になります。
6. 作業速度が向上
緊急使用時、即時の対応をすることができます。

当社の主な生産品目

プレフィルドシリンジ製剤 ・ヘパリンNaロック用10単位/mLシリンジ「オーツカ」5mL
・ヘパリンNaロック用10単位/mLシリンジ「オーツカ」10mL
・ヘパリンNaロック用100単位/mLシリンジ「オーツカ」5mL
・ヘパリンNaロック用100単位/mLシリンジ「オーツカ」10mL
・ヘパフィルド透析用250単位/mLシリンジ20mL
・生食注シリンジ「オーツカ」5mL
・生食注シリンジ「オーツカ」10mL
・生食注シリンジ「オーツカ」20mL

 

品質管理体制

 確かな品質の製品を医療現場にお届けするために、厳格なGMP体制のもと自動化ラインによる生産と厳密な製造管理はもちろん、徹底した品質管理に努め、原料の入荷管理から製造工程の管理、製品の出荷管理に至るまで、一貫した製品の品質保証を行っています。

品質管理体制